分析機能を生かす

対策efo対策は、ただ行うだけでは意味がありません。効果をあげているかどうかを判断しなければいけないでしょう。対策が有効に働いているか、分析機能が有効であったかどうかをモニタリングして判断していかなければいけません。efoには、必ずレポート機能がありますので、有効に活用していく必要があるでしょう。改善につなげるためには、さまざまな情報が必要です。1回ですべてうまくいくのではなく、改善ポイントを見つけて、サイクルを繰り返していくことが成功への近道だからです。

efoのレポート機能には、さまざまな支援機能もあります。管理者のオペレーションを支援するという目的では、グラフでレポートを吐き出す機能があげられるでしょう。情報を見える化するものであり、ビジュアル的に表示することによって、問題点の把握が容易になります。改善活動を有効にするためにも、利用していきたいポイントです。

外的要因による影響も分析する機能は有効でしょう。項目別にフォームの入力数なども分析していかなければいけませんし、実際に吐き出したエラー率から離脱率も確認が必要です。こうした機能を有効に活用できるからこそ、efo対策は有効なものとしていきてくるようになるでしょう。